スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月23日

LEGOのような組立ガジェット「BUG」- 開発者向けの予約受付開始

001l.jpg米Bug Labsは1月21日 (米国時間)、同社が開発するガジェット・プラットフォーム
「BUG」を販売するBug Labs Storeをオープンした。プログラマーを対象にBUGbase
や各種モジュールの予約受け付けを行っている。製品の出荷は3月以降になる見通しだ。

BUGはLinuxベースの小型コンピュータ「BUGbase」とコンポーネントモジュールで構成される。
現在用意されているモジュールは、液晶スクリーン「BUGview」、GPSレシーバ「BUGlocate」、
モーションセンサー「BUGmotion」、200万画素のデジタルカメラ「BUGcam2MP」など。BUGbaseに
モジュールをはめ込むだけで、手軽に機能の追加・削除を行えるのが特徴だ。例えばBUGbaseに
GPSレシーバとデジカメモジュールを組み合わせれば、自動的にGeoタグ付きの写真をWebサービスに
パブリッシュするガジェットが可能になる。Bug Labsは同製品を「ガジェットのLEGO」と呼んでいる。

BUGbaseはARM1136JF-SベースのCPUを搭載。USB 2.0×1、USB OTG×1、UARTシリアルリンク×4、
SPIインタフェース×4などのほか、I2C、I2S、LCD、カメラセンサー、マイクロメモリーカードなどのインタフェースを
装備する。またMPEG-4のエンコーディング/ デコーディング、10/100 Ethernetをサポートする。

OSやモジュールインタフェースなど、BUGのソフトウエアは全てオープンソースで構築されている。
サービスやアプリケーションの開発環境はJavaベースで、OSGiと呼ばれるコンポーネントランタイムを
用意。昨年12月にBUG SDKがリリースされた。


記事元:マイコミジャーナル様


http://journal.mycom.co.jp/news/2008/01/23/005/index.html




スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://denppa.blog28.fc2.com/tb.php/56-507cce9c

«  | HOME |  »

はじめに


カテゴリー


フリーエリア


カウンター


リンク


ブログ内検索


RSSフィード


お世話になっております

無料レンタル

フリーエリア


いろいろ

    あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。