スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月19日

カプコン:1988年ファミコンで発売したゲームの続編「BIONIC COMMANDO」を日本でも発売決定!

002kkk.jpgカプコンは本日(1月18日),アクションシューティング「BIONIC COMMANDO」を,PCおよび
PLAYSTATION 3,Xbox 360の各機種向けに,日本でも発売することを明らかにした。
本作は,2007年10月に海外で発表され,4Gamerでも何度か紹介してきたが,ついに
日本での発売も正式に決定したというわけである。
なお,発売時期や価格は未定だ。

BIONIC COMMANDOは,1988年にファミリーコンピュータ向けに発売された「ヒットラーの復活」を題材にした
新作で,主人公は前作と同じ“ラッド”ことネイサン・スペンサー。

ただし舞台は,前作の10年後となる。なんとスペンサーは,無実の罪で死刑を宣告され,収監されてしまって
いるのだ。ところが,死刑執行当日にテロ組織の大量破壊兵器が“アセンション・シティ”で爆発。街並みが
廃墟と化し,防空システムがテロ組織の手に落ちてしまったことで事態は一転。

政府は,機械で強化した体を持つ“バイオニック・コマンドー”スペンサーに,廃墟内部からテロ組織の壊滅
を命じる。かくしてスペンサーは,自在に伸縮するバイオニック・アームを駆使しながら,テロ組織に挑むこと
になるのだ。

本作の最大の特徴は,左腕の“バイオニック・アーム”を使ったさまざまなアクション。
左腕から伸びるワイヤーを使い,高層ビルにフックするなどして縦横無尽に移動したり,巨大な物体を投げ
たり,敵を連打したりといったことが可能となっている。

なお,開発は「Tom Clancy's Ghost Recon: Advanced Warfighter 2」を手がけたスウェーデンのGRINが
担当。また,スペンサーの声は,人気バンドFAITH NO MOREの元リードボーカリスト,マイク・パットンが
演じている。

すでに日本語の公式サイトがオープンしており,ゲーム概要やストーリー,グラフィックス,音楽,壁紙など
が公開されているので,そちらも確認してほしい。

■「BIONIC COMMANDO」 http://www.capcom.co.jp/bc/

情報元:4Gamer様より

http://www.4gamer.net/games/044/G004403/20080118024/

0051355.jpg 00325485.jpg








スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://denppa.blog28.fc2.com/tb.php/39-8deb41a4

«  | HOME |  »

はじめに


カテゴリー


フリーエリア


カウンター


リンク


ブログ内検索


RSSフィード


お世話になっております

無料レンタル

フリーエリア


いろいろ

    あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。