スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月16日

【デトロイトショー】三菱自動車、「ランエボ」の技術をベースにした2ドアコンセプト「Concept-RA」

newsrrrr.jpg発表と同時に多くのファンを魅了した『ランサーエボリューションX』以来、波に乗る勢いの三菱自動車。
その三菱が地元東京のTAS2008ではなく、NAIAS2008(北米国際自動車ショー)で、新しいコンセプトカー
『MITSUBISHI Concept-RA』を世界で初めての披露することになった。

三菱自動車といえば、主に北米市場で人気を博した『エクリプス』などのFFカーや4WDカーなど、
すでにスポーツクーペでの実績を持つメーカーだ。『MITSUBISHI Concept-RA 』は、
まさにそのスピリットを受け継ぎ、車輌運動統合システムS-AWCや200馬力エンジンを搭載、
あたかも『エクリプス』の後継車である。新鮮なのは、エボを連想させるフロントラインや、
高効率トランスミッション「Twin Clutch SST」、MIVEC機構を採用しているところか。

まさに三菱自動車の誇る最新技術のショーウィンドウともいえる『MITSUBISHI Concept-RA 』。
エクステリアに関しては、威圧感のある21インチのホイールを採用、もともとの獰猛さに拍車を
かけている。そのほか、アルミニウム素材をふんだんに使い車重の減少をも実現している。
さらに4つのサブシステムからサポートされているS-AWCやVD・VGターボの新技術をも搭載する。
結果、2.2リットルターボディーゼルエンジンは、最大出力150kW(204ps)、最大トルク42.8kgmを派生する。

現在のところ市販車として量産されるかどうかは明らかにされていない。

http://www.nihoncar.com/jp/news-711-MITSUBISHI+Concept-RA+at+the+2008+North+American+International+Auto+Show.html

02fff.jpg

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://denppa.blog28.fc2.com/tb.php/14-8d169965

«  | HOME |  »

はじめに


カテゴリー


フリーエリア


カウンター


リンク


ブログ内検索


RSSフィード


お世話になっております

無料レンタル

フリーエリア


いろいろ

    あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。